キーワードは介護脱毛!

VIOゾーンの脱毛をする人は、アンダーヘアが下着や水着からはみ出して恥ずかしい思いをしたり、温泉旅行などの時に周囲の人に毛深い姿を見られるのが嫌だという理由が多いのではないでしょうか。アンダーヘアはスッキリさせた方が下着の中が蒸れにくくなるので、臭いが気になる人も脱毛をしています。主に若い女性たちの間でVIO脱毛は人気ですが、最近は新しい傾向として40代以上の人たちも、VIO脱毛を希望する人が増えていると言われています。20代や30代の人たちとは大きく異なり、将来介護が必要になった時の為に備えることが目的だそうです。アンダーヘアを適切な量にしておく方が衛生的ですし、大人用おむつでかぶれたり蒸れる可能性を低くすることに繋がります。お世話をする人たちの負担を軽減することもできますよね。

介護脱毛のポイントは?

脱毛機から発生する光はメラニン色素に反応する性質を持つので、太くて黒々とした毛の方が相性がいいということはよく知られていますよね。ちょうどVIOゾーンに生えている毛のようにです。でもアンダーヘアも加齢で白髪になると、脱毛機の効果が出にくくなってしまいます。だから、介護が本格的に必要になる年齢ではなく、それよりも若い40代後半から50代のうちに介護脱毛を済ませておくわけですね。サロン脱毛だと出力が弱いので、脱毛が完了してもいずれアンダーヘアは生えてきます。だから、介護脱毛はレーザーを使った永久脱毛が可能なクリニックが選ばれているんですね。

VIOライン脱毛は、見た目を美しく整えることができるだけでなく、デリケートゾーンの蒸れや痒み等の不快感を軽減できることでも人気となっています。