ほくろは除去できる?

チャームポイントにもなる反面、場所や大きさによっては見た目のコンプレックスにもなってしまうのがほくろ。「このほくろがなかったらなぁ」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。ほくろは美容外科や皮膚科などのクリニックで除去することが可能です。一般的によく用いられる方法が、レーザーでほくろを除去する方法。またほくろの大きさによっては、メスを入れて切開する方法があります。ほくろの大きさによって施術方法が異なるため、しっかりカウンセリングしたいものです。

レーザー治療ってどんな施術?

レーザー治療は、黒色に反応するビームを肌の上から照射してほくろにアプローチし、ほくろを薄くしていく方法であり、ほかにも毛穴の引き締め効果も期待できます。黒色に反応するので、ほくろが大きいほど痛みを感じる場合があります。心配な方は、施術前に麻酔のことなどもカウンセリングで伝えておくことがおすすめです。メスを入れないので、傷跡が残らずにほくろを除去できます。ただ、ほくろを除去するために数回施術に足を運ぶ必要があること、黒色に反応するビームを照射するため、茶色いほくろでは効果が薄くなる恐れもあります。

ほくろの切開法とは?

ほくろが大きい場合や、盛り上がっているほくろの場合、切開法が用いられることが多いです。その名の通り、ほくろの周囲を切開してほくろを取り除き、そのあと縫合するという施術法です。ほくろの組織ごと取り除くので、再発の心配もなく、きれいにほくろを除去することができます。完治までは3ヶ月ほどと時間はかかってしまいますが、完治してしまうとほくろの跡も目立ちにくいです。ほくろに応じて最適な施術法が異なるので、しっかりとカウンセリングで確認しましょう。

毛穴が目立つことに悩んでいるなら、専門の医療機関に相談しましょう。毛穴 皮膚科なら適切な治療を受けられますので、コンプレックスを解消できます。